2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010'12.11 (Sat)

拓哉さん大阪へワープ!!!!

12時からの上映後の舞台挨拶!!!!!

拓哉くん、迷彩柄のパンツにカーキの上着に中はTシャツにベスト?らしき物でし
たラフな感じが又カッコよくてみんなメロメロだそうです
入場する時に使い捨てペンライト貰ったのでフォトセッションがあったそうです

mama 001

レポもいただきました! 後ほどアップさせていただきますね

11:05分のなんばのレポをお先にどーぞ!!!!

たくさんの拍手にコメントをありがとうございますうしし
いつも感謝しております!お帰りにクリックしていただけると嬉しいです!

【More・・・】

進行役は女性でシネマコメンテーターのミックさん、拓哉さん右側ドアから登場!!!!!!!
グレーがかったカーキ?のカジュアルジャケットに同色の揃いのベストをイン。
喉元がVに見えたのでベストのインにTシャツ着てたか不明です!
上着とは別のグレーのゆったりカーゴパンツ。ベージュスウェードのブーツ?

小川くんは右手ドア近く、ふくちゃん?かな、最前列席前に観客から見えない位置の床に座ってました。

拓哉:まいど!!!(観客もまいど!!!)
夕べ名古屋から大阪に入らせていただいた。想像以上に(観客の)涙腺がゆるんでる。
それが映画なのか?自分たちの登場でなのか?は分からないが。(追いつかず反応が嬉しいという流れ・・)

進行役:全国で110万人動員は如何ですか?

拓哉:僕も昨日の新聞でちいちゃいスペースで知った。ヤマトのタイトルの文字の大きさではなく、
一番上に書かれていたので、すっごく嬉しかった。毎日、手応えを感じていて、ご褒美ですね。

監督:木村君がしゃべっているとシーンと静かで、(く)スン(く)スン(く)スンと聞こえる。
(監督、くを小さく言ってるのか言ってないのか不明。スンスンスンかも)

拓哉:監督、擬音の人だから(笑)

進行役が、現場でも擬音が多かったそうですね。と突っ込んだら、監督が『そこに繋げますか!』
と突っ込み返しして拓哉さん?会場とも笑の渦へ!

監督:良いスンスンスンだな。と思って。

次からは、なんばでヤマトを鑑賞した人からのメッセージ紹介
メッセージ1
子どもの頃に見たアニメヤマトが完全実写化でどうなるかと思ったが、感動したとか、大事なものを見た?
(メモ追いつかず)
メッセージ2
5歳の女の子

拓哉:5歳?

進行役:全てひらがなで書いて有ります

きむらたくやさん、だいすき!きむさんまたえいががんばってね。(会場にその女の子がいたので)
拓哉:きむさんです!(照れ?苦笑い?)
監督:ヤマトに影響受けて育った、お父さんが息子さんとお母さんが娘さんを連れて昔見たのよ
(と一緒に見てくれる)バトンが渡せて嬉しい。
進行役:5歳の頃、幼稚園の頃木村さんは?

拓哉:きむさんが5歳の頃、東京渋谷の映画館にアニメヤマトを見に行ったのが、
きむさんの映画体験初です。今映画館で多感な皆さん、ちびっこがどういう思いを持ってくれるのか、
自分の中で大きなテーマだった。今になってみると、自分の人生の先輩や同世代、
ちびっこ達が同じ空間・同じ時間、同じ映画を体験ができる。それはでかい。(メモ追いつかず)
最後に?
拓哉:(映画ヤマトには)戦闘班、技術班、生活班、航海班色んな責任がスクリーン・ストーリーの中に有る。
ここにいる皆さんは鑑賞班で有り一人ずつが宣伝班の班長(メモ追いつかず)
是非鑑賞班から宣伝班に移動して頂けたらと思います。

昨日のベイシティ2回目と同じく挨拶のみなので約20分ぐらいでした。
監督とのやりとりも楽しそうでした。スーツもカジュアルジャケットも綺麗な拓哉でほっそりしてた。
アクセサリーは羽のシルバーペンダント、右腕に時計。

やなぎさん 連日のレポありがとうございます 
19:43  |  木村拓哉  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |